ENTRY

結納で示す二人の誠意

人生の伴侶を見つけるチャンス
二人での決めごとは結婚式だけではありません。
結婚式より前に大きなイベントとして婚約があります。
今でこそ婚約について様々なスタイルがありますが、代表的な形態として婚約指輪を渡すことで両者間での婚約は成立しているとみなされます。
また日本において古くから続く婚約の慣習として結納式があります。
結納とは、両家が結婚の約束として贈り物を贈り合うというのが起源のようです。
しきたりに基づき水引で整えられた結納品など複数そろえた大がかりなものとなる傾向が強いため、結婚式や結納などについて簡略化傾向の強い昨今では正式なスタイルでの結納式はしないことを選択するカップルも多く、結納をする場合もホテルなどでの会食など規模を小さくして略式で行われることが多いようです。
また略式結納もせず婚約式という名目で料亭やホテルなどでの両家族での会食の機会をもうけるケースも大変多いです。
結納の場や婚約の食事会は、時代背景を考えると現在では結納品の贈り合いという場面として捉えるよりも、二人の将来について祝福する最初の場ということで、両家が和やかに食事を共にできることが一番ともいえるでしょう。
主役の二人としてこの婚約の場で気をつけたい点は、両家に対する心のこもった挨拶と二人の決断を見守ってもらえたことに対する感謝の気持ちを表すことといえます。
二人の今後を見守り続けてくれる両家の家族です。
誠実な思いを伝え共感してもらえることは先の将来必ず大きな助けとなって二人を支えてくれることでしょう。

冠婚葬祭・行事・結婚関連のハナシは、このサイトでチェックしてみてください☆

Copyright (C)2017人生の伴侶を見つけるチャンス.All rights reserved.